土地活用 | 加藤建設|静岡市清水区

土地活用

大事な土地の次世代への引き継ぎや相続に関してのお悩みを、賃貸マンションや高齢者・介護施設、収入型住宅による有効活用で解決致します。
地域のことをよく知る経験豊富なスタッフが、長期的に安定した収入を見込めるプランをご提案致します。
また末永く資産価値を形成できるよう、質の高い設計・施工と安心のアフターメンテナンスをご提供致します。

土地活用の流れ

1. オーナー様からのご相談
「空地を何とかしたい」「相続について悩みがある」など、ご相談を頂ければ、当社スタッフがお伺いし、オーナー様のご意向をお聞かせ頂いた上で最適なプランを検討します。
2. 最適なプランのご提案
オーナー様から頂いた情報やご要望をもとに、ご安心・ご納得頂ける土地活用プランをご提案させて頂きます。
3. 資産性を維持する設計・施工
創業以来、蓄積された技術力とノウハウを活かし、オーナー様が末永く資産を形成して頂けるよう、質の高い設計・施工をさせて頂きます。
4. 管理・運営サポート
オーナー様に高い収益性を確保して頂けるように、アフターメンテナンスを行い、資産性を維持します。
5. 資産運用サポート
オーナー様が長期にわたり安心して土地活用を行って、収益性を確保して頂くために、私たちは末永くオーナー様の気持ちに寄り添うサポートをさせて頂きます。

賃貸マンション

外断熱鉄筋コンクリートマンション

当社の外断熱鉄筋コンクリート工法は、従来の合板による型枠ではなく、発泡ポリスチレン板を型枠ユニットとして使用した、型枠と断熱材を一体化させたユニット工法です。これにより工期の短縮が可能になり、コストパフォーマンスに優れた建物の提供ができるようになりました。
優れた断熱性により結露も気にならず、夏は涼しく、冬は暖かい省エネ住宅を造り出します。ヨーロッパではすでに長年の実績を誇る、信頼できる工法です。

断熱

外気温と内気温との差により生じる「結露」はカビやダニの発生の元凶です。ライフワンの外内両断熱工法はこの問題を解決し、四季を通じて室内を一定の温度を保つ快適な住空間を提供します。ヒートショックによる健康障害から家族を守る「健康住宅」です。

遮音

建物周囲・上下階からの騒音を「外内両断熱鉄筋コンクリートの強固な躯体」で最小限に抑えることができ、周囲からの「音」に煩わされない健やかな環境を実現します。

省エネ

外内両断熱の鉄筋コクリート壁は、高気密・高断熱な性能を有し「冷暖房費」を大幅に削減します。外内両断熱工法に用いられる発泡ポリエチレン型枠は、そのまま「断熱材」となり、施工費の削減はもとよりCO2削減にも貢献します。

耐久性

いつかわくるといわれている地震災害。強固な工法で知られる鉄筋コンクリート工法。中でも外力を面で受ける「壁式工法」の強さは過去の災害でも実証されているところです。ライフワンは断熱・遮音・省エネ効果と共に、その堅牢な造りで、地震や災害に強い「高耐久住宅」です。大切な家族と資産をいつまでも守ります。

サービス付き高齢者向け住宅

高齢者にも賃貸住宅オーナーにも
喜びをお届けする
超高齢社会の土地活用

超高齢社会を迎え、介護や医療を必要とする高齢者が安心して暮らし続ける住宅は不足しています。特にひとり暮らしの高齢者にはとても身近な問題です。「サービス付き高齢者向け住宅」はその不安を解消します。高齢者にもオーナーにもご満足いただける高齢者住宅を提供する事で地域に貢献します。

サービス付き高齢者向け住宅の
一括借上長期保証と
企画から運営までをフルサポートします。

特別養護老人ホームは待機者が多く入居の目処がたたない、或いは介護付有料老人ホームやグループホームは総量規制の対象で供給に制限があるなかで、「サービス付き高齢者向け住宅」も一括借上長期保証をいたします。また保証業務の他に、「サービス付き高齢者向け住宅」の企画から運営にいたる様々なサポートを総合的に提供し、事業参入に全面支援を行います。

高齢者・介護施設

超高齢社会が訪れるにあたり介護施設が不足状態となっていますが、私共はただ建物を建てるのではなく、各地域の人口・高齢化率・既存施設の利用率・診療圏調査などを基に、その地域で不足している最も必要な介護事業を提案し、実際に自社で運営する介護諸施設の経験を基に、事業の企画・運営指導に至るコンサルティングを致します。

●社会的にも大きな貢献が出来ます。
●従来の賃貸アパートマンション事業に比べ、より高い収益性と長期間にわたり安定経営が出来ます。

介護付有料老人ホーム

介護付有料老人ホームイメージ

介護付有料老人ホームとは、有料老人ホームの3つのタイプのうちの一つで、開設には都道府県から「特定施設入居者生活介護」の認定が必要になります。入居者は有料老人ホームが提供する介護や食事などのサービスを利用しながら施設での生活を継続できます。24時間体制で介護スタッフが常駐し、ケアマネージャーの介護サービス計画に沿って、食事・入浴・排泄などの身体介護や、掃除・洗濯などの生活援助をはじめ、健康相談やリハビリ・レクリエーションなどの介護サービスを行います。

グループホーム

グループホームイメージ

グループホームとは、一人で日常生活を送ることが困難な認知症の要介護者の方が家庭的で落ち 着いた環境の中で、入浴、排泄、食事等の日常生活のお世話を受けていただけるサービスです。 5~9人を1ユニットとして、最大2ユニットまでの入居者が家庭的な雰囲気の中で、介護サービスを受けながら、残された能力を生かし、お互いに助け合いながら暮らす施設です。

ショートステイ

ショートステイイメージ

ショートステイとは、ご家族の病気や冠婚葬祭、旅行などの理由で一時的に介護を受けることが できない要介護者の方に短期間施設に入所していただくサービスです。ご家族の急用・旅行など で家を空けられる時に、ホテル感覚でご利用いただけます。

デイサービス

デイサービスイメージ

デイサービスとは、日帰りで通っていただき、日常生活の支援や機能訓練を行うサービスです。入浴・食事のご提供およびそれにともなう日常生活や介助方法などについての相談や助言、健康状態の確認といった日常生活上の支援や機能訓練などを行います。また、レクリエーションや趣味活動なども行い、一日を過ごします。

収入型住宅

家に働いてもらうという考え方

家は建てたものの、借入金の返済で厳しい家計に悩まされる!
これでは新しい家を持つ喜びがありません。
そこで、家に働いてもらうことを提案します。
1フロアを自宅にし、残りのフロアを賃貸として活用することで、建築資金のローン返済の負担が、家賃収入により軽減されます。
建物の規模によっては、手元に収入が残ります。

外内両断熱鉄筋コンクリート工法だから実現

外内両断熱鉄筋コンクリート工法を用いて建てられることにより、隣はもちろん上下階が騒音もシャットアウト。
1戸建の住まいと変わらない独立性のある住み心地です。

戸建賃貸住宅

~お手持ちの土地の有効活用 ・ 50坪の土地から可能です~

安心確実な戸建賃貸経営を始めませんか!

8割以上が「一戸建て」を望んでいます。

国土交通省の調査によると88.7%が戸建賃貸を望む傾向にあり、戸建賃貸住宅が不足しています。

税金面でのメリット

駐車場や更地に戸建賃貸を住宅を建築すると土地の固定資産税が6分の1になり、都市計画税が3分の1と大幅に安くなります。(1戸当り土地面積が200㎡まで)

高利回りによる安定収入が確保できます。

2室の子供部屋と主寝室の3LDKタイプの戸建賃貸住宅で高利回りが確保できます。

1階床面積 38.50㎡ (11.62坪)
2階床面積 38.50㎡ (11.62坪)
延床面積  77.00㎡  (23.34坪)